2017年07月19日

AF CONTROLについて

AF CONTROL official committeeです。
今回はLE側の参加条件、ドレスコードについての告知をさせていただきます。

具体例なども踏まえ、目安を記載致しますので、参考にしてみて下さい。
1.特殊部隊系
HRT、SWAT、ESU(ニューヨーク市警などのSWATチーム)などです。これらについては、装備例がネット等でご覧いただけると思いますので、そういったものをご参考にお願いします。SWAT、ESUについては、各POLICEごとに様々です。できるだけどこの所属かわかるような装備を心がけて頂くと、より雰囲気が増していいと思います。または該当する組織のパッチを着けるだけで、大きく違うと思います。

2.各POLICE、SHERIFF、MARSHAL、FBI Special Agent(FBI特別捜査官)、ATF、DEA、ハイウェイパトロール、日本警察組織、etc
これについても特殊部隊系と同じような基準でお考え下さい。特定の組織の制服や、レイドジャケット、パッチ、バッジなんかで、どこの所属か、ある程度区別できるようにお願いします(ただし、でかでかと「長野県警」と印字されたような官給品は各自の責任においてお願いします(笑)フィールドとしては所属組織において懲戒等を受けても一切責任はとれません!)

3.私服刑事、潜入捜査官
これはただの私服だとアウトローと全く区別がつかなくなりますので、できる限りバッジをご持参下さい。
もし、私服刑事で参加したいけど、バッジが用意できないという方は、プレキャリ等着用の上、所属組織のパッチ(「LAPD 」「NYPD」etc)などをつける、若しくはレイドジャケット、ID等で、LEであることが分かるようにしてください。

ドレスコードの最低基準の具体例として
FBI Special Agent (特別捜査官):私服やスーツにレイドジャケットor私服やスーツにIDまたはバッジor私服やスーツにプレキャリにパッチ
NYPD(ニューヨーク市警):制服着用or私服やスーツにレイドジャケットまたはNYPDのバッジ
これはあくまで一例ですので、上記にカテゴリーされていなかったり、疑問に思うものは気兼ねなくお問い合わせください。

使用火器につきましては、一応使用例の見られる範囲でお願いします。
この辺は、こまかい仕様は問いませんので、大まかで結構です。
ただし、多弾マガジンの使用は不可とさせていただきます。


装備の基準は、大まかに上記のとおりです。一見してどこの組織なのかが分かるような装備を心がけて頂ければと思います。
バッジなんかは、ご用意頂ける方はできるだけご用意下さい!
LEのキモはなんといってもバッジです!これがあるだけでものすごい雰囲気出ますよね。
今回のイベントはただのサバゲーではなく、ある程度のストーリー(事件)に沿ったイベントです。その中で様々な事例、ガサ入れ、逮捕、職質なんかも予定しています。まさに犯罪捜査、抑止、取り締まりの最前線で活躍する方はバッジ提示が絶対必須になってきますよね。ですので、バッジをお持ちの方には、イベントの重要な役割をお願いしたいと考えています。





今回のAF CONTROLでは強制捜査や人質救出、容疑者籠城への強襲、潜入捜査や囮捜査、ガサ入れや職質からの検挙までと様々な事例がございます。
それらに対応出来るよう幅広い部隊、組織の応募をお待ちしております。
またわからないことや、装備や使用火器について疑問に思うことがあればお気軽にご相談ください。

予約受付開始は8月より受付予定です。
料金は両勢力とも¥2,500-になります。






  

Posted by AF  at 21:03Comments(0)

< 2017年07>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
プロフィール
AF
AF
長野県佐久市にオープンしました市街地フィールドです!
接近戦から遠距離戦まで幅広くお楽しみ頂けます!