2018年09月18日

AF CONTROLレギュレーションについて



AF CONTROLのレギュレーションを告知をさせていただきます。
まずはヒット判定については、普段のサバゲーと全く同じです。
身体や装備のどこにあってもヒットです。
どの場所に当たっても一撃でヒットです。
普段のサバゲーとルールが異なる事を説明します。
まず、暴言はありです。
アウトロー同士やそれを取り締まる側にも暴言は付き物ですので、暴言はありです。
ですが、あくまで演技の範囲内で空気を読んでお願いします。
相手を怒らせたり不愉快にさせるような事があってはいけません。
このあたりの加減は難しいかも知れませんが、そこも楽しんでください。
模造刀やダミーナイフなどの抜刀もありです。
ですが、こういったものでの戦闘行為はおやめください。
逆に言えば、戦闘中は抜刀出来ません。
それから、相手の身体に触れる行為もありです。
これはイベントの性質上、逮捕や拘束、拉致などの行為があるので身体への接触は可能です。
ですが、これも加減をしていただいて、くれぐれも相手が痛がったり暴力行為にならないようにご注意下さい。
このあたりの加減が難しいルールは、当日にまた口頭で説明致します。
復活方法について、まずLE側ですが、ヒットされたら本部(HQ)へ戻って復活して下さい。
その際に必ず1人の搬送者を伴って下さい。
つまり、ヒットされたら仲間が誰か本部(HQ)まで連れて戻って復活するという事です。
その他、特定のシナリオ進行中の場合などはメディックが伴う場合がありますので、その場合はメディックによる復活を行って下さい。
アウトロー側の復活は通常はありません。
抗争などの撃ち合いでやられたり、どこかで撃たれてしまった場合は、そのまま自分の本拠地に戻って下さい。
本拠地で復活して元に戻って戦闘を繰り返すような事は基本的にはないようにお願いします(特定の状況を除きます。この場合は運営から説明致します。)
特定のシナリオ進行中には、各組織のボスによる復活がある場合もあります。これも運営から説明致します。
それから、アウトロー側は抗争や犯罪などであまり派手にやりますと、手配されて逮捕、拘束される事になります。
この逮捕には、事件現場での現行犯逮捕から、いくつかのレベルでの手配による逮捕があります。
現行犯の場合は、その場を逃げ切ってしまえば、逮捕は間逃れます。
レベルの高くない手配の場合は、逮捕、捜査に来たLE側から逃れる事が出来れば、これも逮捕されずに済みます。
しかし、多数の人をむやみにヒットしたり、大きな事件を起こした場合は必ず逮捕されるまで手配は続きます。
しかし、逮捕されても、仲間による保釈や脱走の手助けなどで、晴れて自由の身になれますので安心して下さい。
もちろん、証拠不十分などで即釈放となる事もあります。
逮捕されても一時的なものです。
アウトロー側は、撃ち合いと、この手配からいかに逃れるかも楽しんで下さい(笑)
今のところ、イベント当日は天気も良く、気温も過ごしやすい予報が出ております。
今回も盛りだくさんの内容で皆様をお待ちしておりますので、よろしくお願いします!  

Posted by AF  at 10:47Comments(0)

< 2018年09>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
プロフィール
AF
AF
長野県佐久市にオープンしました市街地フィールドです!
接近戦から遠距離戦まで幅広くお楽しみ頂けます!